読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「黄金井戸」の水面に広がる「ヒカリモ」、金色の輝きを放つ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

黄金色に輝くヒカリモ(3日、千葉県富津市萩生で)
黄金色に輝くヒカリモ(3日、千葉県富津市萩生で)

 千葉県富津市萩生の「黄金井戸」と呼ばれる洞穴で、国指定天然記念物「ヒカリモ」が水面全体に広がり、金色の輝きを放っている。

 市などによると、ヒカリモは長さ0・01ミリ・メートルほどの細胞で、光を反射すると黄金色に輝いて見える。各地に自生するが、「黄金井戸」は国内最初に発見された場所であり、毎年多量に発生するのは珍しい。1928年、「竹岡のヒカリモ発生地」として天然記念物に指定された。

 洞穴の水面は幅約3メートル、奥行き約10メートル。JR竹岡駅前の国道127号を南西へ徒歩数分で行ける。

無断転載・複製を禁じます
2030813 0 社会 2021/05/05 08:12:00 2021/05/05 08:12:00 2021/05/05 08:12:00 黄金色に輝く国指定天然記念物のヒカリモ(3日午前10時17分、富津市萩生で)=丸山雅樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210503-OYT1I50081-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)