長女の左手にポットの湯を1分間かける…女「泣きやまず立腹」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1歳5か月の長女にけがを負わせたとして、群馬県警高崎署は4日、同県高崎市、無職の女(25)を傷害容疑で逮捕した。

群馬県警
群馬県警

 発表によると、女は3日正午頃、自宅台所で長女の左手に高温の湯をかけ、2週間のやけどを負わせた疑い。「泣きやまないことに腹を立てた」と容疑を認めたうえで、電気ポットにあった湯を約1分間かけ続けたとも供述しているという。顔などにもあざがあり、同署は日常的な虐待の有無を調べている。

 女には3人の子どもがいるが、長女以外の2人に目立った外傷はないという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2030525 0 社会 2021/05/05 00:39:00 2021/05/05 10:28:14 2021/05/05 10:28:14 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210505-OYT1I50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)