読売新聞オンライン

メニュー

「密にならない」、のんびり湖畔キャンプ人気

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、感染防止対策を施したキャンプ場が人気だ。

洞爺湖畔でキャンプを楽しむキャンパー(3日、北海道壮瞥町で)
洞爺湖畔でキャンプを楽しむキャンパー(3日、北海道壮瞥町で)

 洞爺湖畔の仲洞爺キャンプ場(北海道壮瞥町)は昨年、3密を回避できないとして全面休業。そうべつ観光協会によると、複数あった入り口を今年1か所に絞り、自動検温装置を設置、4月にオープンした。受け付けをするのはグループの代表者に限定。例年の大型連休に1日あたり700人近くだった入場者は今年、半分に抑えている。問い合わせは例年の約3倍という。

 札幌市から夫婦で訪れた男性(38)は「外食や飲み会、道外の実家への帰省を自粛している。密にならない湖畔でのんびり過ごしたい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
2031575 0 社会 2021/05/05 21:07:00 2021/05/05 21:07:00 2021/05/05 21:07:00 洞爺湖畔でキャンプを楽しむキャンパー(3日午後、壮瞥町の仲洞爺キャンプ場で)=佐々木紀明撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210505-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)