読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

データ不正持ち出し、ソフトバンクが楽天モバイルと元社員に10億円の損賠提訴

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 携帯電話大手ソフトバンク(SB)の高速・大容量通信規格「5G」に関する営業秘密が流出した事件を巡り、同社は6日、元技術者の合場邦章被告(45)(不正競争防止法違反で起訴)と転職先だった楽天モバイルを相手取り、10億円の損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こした。

東京地方裁判所、東京高等裁判所。東京都千代田区霞が関で。2020年11月8日撮影。
東京地方裁判所、東京高等裁判所。東京都千代田区霞が関で。2020年11月8日撮影。

 合場被告はSB社員だった2019年12月31日、私有パソコンでSBのサーバーに接続し、5Gの技術情報ファイルを自分宛てにメール送信して持ち出したとして逮捕・起訴された。

 SB側は、この情報が楽天側で4か所の基地局建設などに使われたとみており、「被った損害は約1000億円に上る」と主張。楽天側に対し、損害の一部として10億円を請求したほか、情報の廃棄や基地局の使用停止なども求めている。

 これに対し、楽天モバイルは「社内調査を実施したが、ソフトバンクの営業秘密を利用した事実は確認されていない」と反論し、「訴状を精査の上、裁判で当社の正当性を主張していく」とするコメントを発表した。合場被告は今年1月の逮捕後に退職したという。

無断転載・複製を禁じます
2033372 0 社会 2021/05/06 21:26:00 2021/05/06 21:26:00 2021/05/06 21:26:00 東京地方裁判所、東京高等裁判所。東京都千代田区霞が関で。2020年11月8日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210506-OYT1I50093-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)