読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

公園の水飲み場から水栓盗難相次ぐ…売却目的か、周囲が水浸しになったケースも

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県厚木市の複数の公園で、水飲み場の水栓が盗まれていることが分かった。分かっているだけでも、7公園で計24個。コロナ禍で外出自粛の生活が続く中、息抜きに訪れた市民を悲しませている。市から被害届を受けた厚木署は、売却目的で盗んだ可能性もあるとみて、連続窃盗の疑いで調べている。

水栓が持ち去られた厚木中央公園の水飲み場(厚木市で)
水栓が持ち去られた厚木中央公園の水飲み場(厚木市で)

 最初の被害は3月23日に発覚。市南部の戸田小柳公園の水飲み場で、水栓3個がなくなっていた。同公園では4月にも3個が被害に遭った。その後、市中心部や市役所に近い公園でも被害が相次いだ。市公園緑地課によると、ほとんどの水栓は、近くにある元栓を閉めた後に取り外されていたが、なかには閉めずに外したため、周囲が水浸しになった公園もあったという。水栓は1個4000~5000円で、修繕費も合わせると被害額は約14万円に上る。対策として、市はパトロールを強化している。

 厚木中央公園に来ていた家族は「連休中に家に閉じこもったままでは不健康なので遊びに来たが、公共の施設が荒らされていたとは悲しい。コロナ禍は、みんなが協力しあうべき時なのに」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
2033918 0 社会 2021/05/07 07:30:00 2021/05/07 09:01:39 2021/05/07 09:01:39 噴水型の水栓が持ち去られた厚木中央公園の水飲み場(午後1時14分、厚木市で)=中村良平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210506-OYT1I50115-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)