読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

茨城の一家4人殺傷、殺人容疑で26歳男を逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

夫婦が殺害された民家(読売ヘリから、2019年9月23日撮影)
夫婦が殺害された民家(読売ヘリから、2019年9月23日撮影)

 茨城県境町の住宅で2019年9月、会社員小林光則さん(当時48歳)と妻の美和さん(当時50歳)が殺害され、子供2人が重軽傷を負った事件で、茨城県警は7日、埼玉県三郷市鷹野、無職岡庭由征よしゆき被告(26)(公記号偽造罪などで起訴)を殺人の疑いで再逮捕した。岡庭容疑者と一家の間でトラブルは確認されておらず、県警は今後、動機などを調べる。

岡庭由征容疑者
岡庭由征容疑者

 発表では、岡庭容疑者は19年9月23日午前0時40分頃、小林さんの自宅で、夫婦の胸や首などを刃物で複数回刺すなどし、殺害した疑い。県警は岡庭容疑者の認否を明らかにしていない。

 小林さん夫婦は2階寝室で襲われたとみられ、長男(14)と次女(13)も2階の子供部屋で足を切られるなどして、重軽傷を負った。

 県警は当初、夫婦に多数の傷があったことなどから、一家に恨みを持つ人物の犯行の可能性があるとみていたが、目立ったトラブルは確認されなかった。

 県警は捜査対象を拡大し、岡庭容疑者が大量の刃物や薬品を所持しているとの情報をもとに、昨年11月に埼玉県警と合同捜査班を組み、殺人予備容疑で自宅を捜索。硫黄44・39キロ・グラムを貯蔵していたとして、三郷市火災予防条例違反容疑で逮捕し、岡庭容疑者は消防法違反で起訴された。今年に入り、警察手帳の記章を偽造したとして、公記号偽造容疑でも逮捕された。

 茨城県警は、自宅から押収した薬品や刃物、衣類、スマートフォンなど計約600点を分析するなどし、岡庭容疑者が夫婦の殺害に関与した疑いが強まったと判断し、逮捕に踏み切った。

 岡庭容疑者は、11年11月に埼玉県三郷市の路上で中学3年女子生徒の顔を刃物で切りつけ、翌12月に約2キロ離れた千葉県松戸市の住宅街で小学2年女児の脇腹を刃物で刺したとして、同月、殺人未遂容疑で逮捕された。さいたま家裁の少年審判は13年3月、23歳になるまでの相当長期間の医療少年院送致の保護処分を決定した。

今も規制テープ 現場はひっそり

 小林さん夫婦が殺害された茨城県境町の自宅周辺ではこの日、敷地を囲むように立ち入りを規制するテープが張られ、人通りもなく、ひっそりとしていた。

 岡庭容疑者は1994年、事件現場から約30キロ離れた埼玉県三郷市の地主だった家に生まれ、自宅近くの小中学校を卒業した。子供の頃は、近所の子たちと水田でザリガニを取って遊んでいた。

 千葉県内の私立高校に進学して2011年11月まで通い、その後、別の通信制高校に入学していた。近くに住む女性(83)は「知っている子が容疑者になるとは思いもしなかった」と驚いた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2034938 0 社会 2021/05/07 13:47:00 2021/05/08 16:48:25 2021/05/08 16:48:25 茨城・家族4人殺傷事件で、夫婦が殺害された民家。茨城県境町で、本社ヘリから。23日午前0時40分頃、同町の会社員、小林光則さん宅から110番通報があり、駆けつけた境署員らが、死亡している小林さんと妻・美和さんを発見。中学1年の長男が重傷、小学6年の次女も軽傷を負っており、救急搬送された。2019年9月23日撮影。同月24日朝刊「民家 夫婦切られ死亡 茨城 子供2人も重軽傷」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210507-OYT1I50083-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)