読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

道路標識工事巡り談合の疑い、秋田県幹部ら逮捕…最低価格で落札させる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

捜索を終え、秋田デイックライトの本社から出てくる捜査車両(8日午後8時48分、秋田市で)
捜索を終え、秋田デイックライトの本社から出てくる捜査車両(8日午後8時48分、秋田市で)
記者会見で陳謝する県建設部の佐藤秀治部長(右)と佐々木寿一次長(8日夜、県庁で)
記者会見で陳謝する県建設部の佐藤秀治部長(右)と佐々木寿一次長(8日夜、県庁で)

 秋田県発注工事の入札で最低制限価格に関する情報を業者に漏らしたなどとして、県警は8日、秋田市御野場新町の県建設政策課政策監藤谷学容疑者(58)を官製談合防止法違反などの疑いで、同市牛島南の無職水野定秋容疑者(71)を公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕した。

 発表によると、藤谷容疑者は、県北秋田地域振興局が発注した県道大館能代空港西線(鷹巣西道路)の標識設置工事について、昨年5月19日の条件付き一般競争入札2件で、最低制限価格の算出に必要な直接工事費などの情報を共謀する水野容疑者に伝え、工事を最低制限価格と同額で落札させ、公正な入札を妨害した疑い。県警は2人の認否を明らかにしていない。

 事件当時、藤谷容疑者は県北秋田地域振興局の建設部長。水野容疑者は秋田市の工事会社「秋田デイックライト」の元社長で、当時は相談役を務めていた。

無断転載・複製を禁じます
2037999 0 社会 2021/05/08 23:01:00 2021/05/08 23:01:00 2021/05/08 23:01:00 記者会見で陳謝する県建設部の佐藤秀治部長(右)と佐々木寿一次長(5月8日午後7時57分、県庁で)=池田航大撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210508-OYT1I50134-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)