読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

泥酔して道路脇で倒れていた男性を保護…「医療従事者の卵」3人に感謝状

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 栃木県大田原市の市道で泥酔した30歳代の男性の保護に協力したとして、大田原署は6日、国際医療福祉大学保健医療学部の1年生、山木遥介さん(18)、藤春鉄馬さん(18)、会田壮一朗さん(18)に感謝状を贈った。

 3人は4月22日午前0時30分頃、試験勉強を終えて、山木さんが車で2人を自宅へ送っていたところ、大田原市若松町の市道で道路脇にひじをついて倒れている男性を見つけ、停車。声をかけて119番した。

 3人は、入学前のオリエンテーションで1次救命処置の講習を受けたばかり。山木さんは「医療従事者になる者は、こういう場合に助けないといけないと言われた。適切な判断ができた」と話し、藤春さんは「今までは助ける勇気が出なかったと思うが、医療従事者の卵となって行動が取れたのはよかった」と語った。会田さんは「勇気ある一歩が踏み出せた。助けることができて安心した」と述べた。

 大森雄生署長は「3人の人の命を守るという高い志と、大学での講習が背中を押し、素晴らしい結果が生まれた」とたたえた。

無断転載・複製を禁じます
2039266 0 社会 2021/05/09 21:16:00 2021/05/09 21:16:00 2021/05/09 21:16:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)