女子大生殺害、隣人は恐怖感じ直前に引っ越し…事件の鍵握る「音」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府大東市のマンションで大学4年吉岡 桃七ももな さん(21)が自室で殺害された事件で、府警は真下の部屋の住人で直後に死亡した会社員 嘉本かもと 悟容疑者(48)が関与したとみて、殺人などの容疑で書類送検する方針で捜査を進めている。しかし、2人に直接の接点はなく、今も明確な動機は見えていない。

手製の凶器

火災発生時の現場マンション。3階の吉岡さんの部屋と真下にある嘉本容疑者の部屋のベランダには、はしごがかけられていた(住民提供)
火災発生時の現場マンション。3階の吉岡さんの部屋と真下にある嘉本容疑者の部屋のベランダには、はしごがかけられていた(住民提供)

 事件は4月28日午前6時50分頃に発生。吉岡さんは3階の自室で後頭部を鈍器で殴られた上、左太ももを刃物で深く切られるなどして失血死した。傷は背面を中心に数十か所に上り、玄関付近から居間まで血痕が残されていた。

 玄関外側には、扉が開かないよう共用廊下側からドアストッパーが差し込まれ、府警はその床面から接着剤のような成分を検出。ベッド上には凶器とみられるバールと包丁のほか、木製の棒(長さ約60センチ)の先に別の包丁をワイヤなどで固定した手製の刃物があった。

 吉岡さんの部屋と真下にある嘉本容疑者の部屋のベランダにははしごがかけられており、府警は嘉本容疑者がはしごで侵入し、吉岡さんを襲撃後、自室まで戻って火を放ち一酸化炭素中毒死したとみている。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2039786 0 社会 2021/05/10 05:00:00 2021/11/23 17:15:15 2021/11/23 17:15:15 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210510-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)