読売新聞オンライン

メニュー

大阪の自宅療養者、1か月で3・5倍…自宅で死亡する感染者急増

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府で17人、兵庫県で少なくとも21人――。急拡大している新型コロナウイルスの「第4波」で感染者が自宅にいたまま死亡している実態が10日、明らかとなった。病床の逼迫ひっぱくで自宅療養者が急速に増加していることが背景にある。

 府の10日の発表では、3月以降の「第4波」で、今月7日までに自宅で亡くなったのは17人で、年代は30歳代が1人、50歳代3人、60歳代6人、70歳代2人、80歳代5人。このうち8人には基礎疾患があった。また17人中、5人は5月に亡くなっており、病床不足の深刻さが鮮明となっている。

 10日現在、府内の自宅療養者は1万4504人で、1か月で約3・5倍に伸びた。病院やホテルでの療養を含めた2万1498人のうち7割近くに及んでいる。

 府内の重症患者数(10日)は407人と府が確保する病床数(364床)を超過し、軽症・中等症病床(2227床)の使用率も80・5%とほとんど空きがなく、自宅療養で対応せざるを得ないのが現状だ。

 府は4月下旬以降、療養者の重症化を防ぐため、オンライン診療に対応する医療機関を従来の1・6倍となる約450か所に拡充。また、体調が急変した療養者の自宅でも治療を可能とするため、民間の往診サービス事業者と契約し、医師の派遣を始めた。

 兵庫県では病床の逼迫で4月10日から自宅療養を認めており、自宅療養者を往診した医療機関に1日あたり5万円を支給する制度を始めている。

無断転載・複製を禁じます
2042586 0 社会 2021/05/11 07:20:00 2021/05/11 07:20:00 2021/05/11 07:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210511-OYT1I50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)