読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

世界的な定番カクテル「雪国」考案、バーテンダー・井山計一さん死去…95歳

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内外で愛される定番カクテル「雪国」を考案し、「現代の名工」にも選ばれた山形県酒田市のバーテンダー井山計一いやまけいいちさんが10日、老衰で死去した。95歳だった。

自身が考案したカクテル「雪国」を振る舞う井山計一さん(2020年11月、山形県酒田市のケルンで)
自身が考案したカクテル「雪国」を振る舞う井山計一さん(2020年11月、山形県酒田市のケルンで)

 1955年に故郷の酒田市内に喫茶店兼バー「ケルン」を開業。寿屋(現・サントリー)主催のカクテルコンクールに「雪国」を出品し、59年にグランプリを受賞した。ウォッカベースで、グラスの縁に砂糖をまぶし、鮮やかな緑色のミントチェリーを沈めた傑作で、世界的な定番となった。

 2018年、半生を描いたドキュメンタリー映画「YUKIGUNI」(渡辺智史監督)も制作された。

94歳までシェーカーを振り続け、20年には、現代の名工にも選ばれた。

 告別式は親族のみで行う。

無断転載・複製を禁じます
2042871 0 社会 2021/05/11 11:05:00 2021/05/11 17:41:21 2021/05/11 17:41:21 自身が考案したカクテル「雪国」を振る舞う井山計一さん(11月4日午後4時10分、酒田市中町のケルンで)=鈴木恵介撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210511-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)