【独自】がんこ寿司、冷凍「笹蒸し」の賞味期限改ざん…最長9か月

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 和食チェーン「がんこフードサービス」(大阪市)が、賞味期限を改ざんした冷凍の「ささ蒸し寿司ずし」を234セット販売していたことがわかった。すべて販売時に実際の賞味期限を過ぎていたという。健康被害は報告されていないが、同社は調査委員会を設置して経緯を調べる。

賞味期限が改ざんされた「笹蒸し寿司」のセット(がんこフードサービスのホームページより)
賞味期限が改ざんされた「笹蒸し寿司」のセット(がんこフードサービスのホームページより)

 同社によると、笹蒸し寿司は主にネットで販売されており、改ざんされていたのは昨年11月に賞味期限を迎えた商品。9か月後の今年8月末と表示したシールを貼ったものもあった。

 今月まで販売されており、読売新聞が11日に改ざんの疑いを指摘し、同社が調査。大阪市港区にある「商品センター」で、在庫管理などを担当していた同社次長ら社員2人が不正を認めた。2人は「在庫が増えてきたので改ざんした」と説明しているという。

 同社は12日に大阪市保健所などに報告し、購入した客にも連絡する。笹蒸し寿司の販売は当面休止する。同社は「お客さまにご迷惑をおかけしたことをおわびする。徹底的に調査し、再発防止に努める」としている。

 商品は32個入りと16個入りがあり、ネタは穴子やウナギ、エビなど。通常の賞味期限は6か月で、過ぎるとネタが変色することがあるという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2044888 0 社会 2021/05/11 23:45:00 2021/05/12 10:24:43 2021/05/12 10:24:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210512-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)