読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

川崎市の人口、過去最多153万人…1世帯は過去最少2・06人「核家族化進む」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

川崎市役所
川崎市役所

 川崎市が11日発表した2020年国勢調査の速報によると、市の人口は153万9081人で過去最多となった。戦後に人口が上昇に転じた1950年(昭和25年)調査から数えて15回連続の増となり、50年当時の人口約31万9000人の5倍近くに増えた計算だ。

 大規模マンションの開発や若い世代の流入を背景に、人口は5年前の前回調査から6万3868人(4・3%)増えた。7区の比較では、中原区が人口26万3785人となり、前回からの増加率は6・6%で、いずれもトップだった。

 市内の世帯数も74万6866と過去最多になる一方、1世帯の平均人数は2・06人と過去最少を記録し、世帯の小規模化も進んだ。特に川崎区(1・89人)、中原区・多摩区(ともに1・96人)は2人台を割り込んでいる。市統計情報課は「核家族化が進むほか、単身者の転入が増えているため」とみている。

無断転載・複製を禁じます
2054192 0 社会 2021/05/15 17:55:00 2021/05/15 17:55:00 2021/05/15 17:55:00 川崎市役所。神奈川県川崎市で。2020年11月12日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210511-OYT1I50154-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)