読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ALS患者への嘱託殺人の医師2人、10年前の父親殺害で母親ふくめ逮捕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 難病の筋萎縮いしゅく性側索硬化症(ALS)の女性患者(当時51歳)に対する嘱託殺人罪でいずれも医師の大久保愉一よしかず(43)、山本直樹(43)両被告が起訴された事件で、京都府警は12日、山本被告の父親を10年前に殺害したとして、両被告と山本被告の母親の淳子容疑者(76)(長野県軽井沢町)の計3人を殺人容疑で逮捕した。府警は3人の認否を明らかにしていない。

山本直樹被告
山本直樹被告

 発表では、3人は共謀し、2011年3月、東京都内で、山本被告の父親の靖さん(当時77歳)を何らかの方法で殺害した疑い。

大久保愉一被告
大久保愉一被告

 捜査関係者によると、府警は今年に入り、長野県軽井沢町の淳子容疑者の自宅などを捜索。靖さんが死亡した前後に殺害計画についてやりとりしたとみられるメールが見つかったという。

 靖さんの遺体は当時、司法解剖などはされなかった。約10年前の殺人容疑をどう立証するかが今後の捜査の焦点になる。

 大久保、山本両被告は大学時代からの知人で、19年11月、京都市中京区のALSの女性患者に頼まれて、薬物を投与して殺害したとして、昨年8月に嘱託殺人罪で京都地検に起訴された。 両被告はその後、別の難病患者が海外で自殺ほう助を受けるための診断書を偽造したとする有印公文書偽造罪でも追起訴された。

無断転載・複製を禁じます
2046833 0 社会 2021/05/12 19:38:00 2021/05/13 01:10:51 2021/05/13 01:10:51 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者への嘱託殺人。逮捕された山本直樹容疑者。本人のツイッターより。2020年7月31日大阪朝刊「ALS嘱託殺人 共犯医師名で女性と連絡 大久保容疑者 自身隠す狙い?」掲載。★紙面掲載画像は「CMYK」★ ★外部著作権★ https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210513-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)