読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

油壺マリンパーク閉館へ、惜しむ声相次ぐ…ご結婚前の秋篠宮ご夫妻がデートに訪れ話題に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 9月末の閉館が決まった神奈川県の水族館「京急油壺マリンパーク」(三浦市)。県内外から家族連れなど大勢の人々が訪れた施設だけに、閉館を惜しむ声が相次いだ。

閉館が決まった「京急油壺マリンパーク」(京急電鉄提供)
閉館が決まった「京急油壺マリンパーク」(京急電鉄提供)

 1968年に開館した同館では、ペンギンや大型のサメなど400種類の海の生き物のほか、貴重な標本も展示され、連日、イルカやアシカのパフォーマンスが繰り広げられた。ご結婚前の秋篠宮ご夫妻がデートで訪れたスポットとしても有名となった。

 一方、相模湾で捕獲された希少種のサメ「メガマウスシャーク」、東京湾で見つかった「ダイオウイカ」の学術解剖が行われるなど、海洋生物の研究機関としての一面も持っていた。

「公開デート」を楽しまれたご結婚前の秋篠宮ご夫妻(1989年9月撮影)
「公開デート」を楽しまれたご結婚前の秋篠宮ご夫妻(1989年9月撮影)

 だが、70年度には88万人を数えた入館者もその後は減少が続き、2019年度には26万人にまで落ち込んでいた。閉館後は、隣接する「ホテル京急油壺 観潮荘」の敷地とともに、京急電鉄と大手デベロッパーが共同で25年度をめどに、新たな滞在型リゾート施設をオープンする予定とされる。現在、飼育している生き物は別の水族館などに売却や譲渡をされる見込みだ。

館内に展示された「メガマウスシャーク」の模型(2013年11月撮影)
館内に展示された「メガマウスシャーク」の模型(2013年11月撮影)

 三浦市の吉田英男市長は「歴史ある施設の閉館は残念。長年、市内にある東京大学臨海実験所と協力して研究しており、新施設にも海洋研究施設の性格を持たせてほしい」と話した。

 ダイナミックなイルカのショーが楽しみだったという横須賀市小川町、パート店員の女性(47)は「私自身が小学校の遠足で行っただけでなく、中学1年になる長女を2歳くらいの頃に最初に連れて行った水族館だけに、閉館は寂しい」と肩を落とした。

無断転載・複製を禁じます
2047881 0 社会 2021/05/13 06:47:00 2021/05/13 12:34:41 2021/05/13 12:34:41 閉館が決まった「京急油壺マリンパーク」(京急電鉄提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210512-OYT1I50142-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)