読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】増えている「人の往来」…東京と他道府県で過去の宣言時よりも活発化

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス対策として3回目の緊急事態宣言が出されている東京都では、他道府県との間での人の移動が、過去の宣言時よりも活発化している。専門家は都道府県間の移動自粛の必要性を指摘している。

 携帯電話の位置情報から滞在人口を推計するNTTドコモの「モバイル空間統計」のデータを基に、読売新聞が、東京都と46道府県の間を行き来した人口(平日午後3時台平均)を分析した。感染拡大前の昨年1月に比べ、最初の宣言時(昨年4~5月)は人の移動が44%減ったが、今回は23%減にとどまっている。

 5月の大型連休について都内外の人の出入りを分析すると、今年(5月1~5日)は、昨年(5月2~6日)に比べて1・8倍に増加している。国際医療福祉大の和田耕治教授(公衆衛生学)は「最初の宣言では、多くの人が外出を控えたため5月中に解除できたが、今回は都道府県間も含め人の往来が増えている。不要不急の都道府県間の移動は控えるべきだ」と話す。

無断転載・複製を禁じます
2047748 0 社会 2021/05/13 05:00:00 2021/05/13 07:10:01 2021/05/13 07:10:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210513-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)