読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「感染すれば停滞」「安心してもらうため」…ワクチン優先対象外の首長が相次いで接種

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

上遠野修・城里町長
上遠野修・城里町長

 自治体の首長が優先接種対象(65歳以上)でないのに、新型コロナウイルスのワクチン接種を相次いで受けていたことがわかった。

 茨城県城里町の上遠野修町長(42)は4月28日に接種を受けた。医療従事者向けの接種でキャンセルが生じ、ワクチンの廃棄を避けるためだったとしている。

 上遠野町長は13日の記者会見で「(接種)会場で指示を出すこともある。感染すれば、接種の停滞を招いてしまう」と理由を挙げた。

 同県大洗町の国井豊町長(55)が接種を受けたのは4月30日。町消防本部消防長を兼務しており、新型コロナ患者を搬送する救急隊員なども優先接種の対象とする国の手引に沿ったという。

 国井町長は「町民から副反応に対する不安が寄せられていた。自ら接種し、安心してもらう狙いもあった」と話している。

 岐阜県下呂市は13日、山内登市長(63)が4月30日にワクチン接種を受けたと発表した。医療従事者向け接種でキャンセルが出たためで、副市長(58)も接種を受けたという。山内市長は「一本も無駄にできない。コロナ対策の最高責任者として、市民の命を守るために決断した」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2048676 0 社会 2021/05/13 13:12:00 2021/05/14 00:29:00 2021/05/14 00:29:00 上遠野修(かとうの・おさむ)上遠野修(かとうの・おさむ) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210513-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)