読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】家族間問題に「ウェブ調停」導入へ…東京など4家裁で試行

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

最高裁判所
最高裁判所

 最高裁は、家族間の問題を扱う家事調停に、インターネット上で手続きを進める「ウェブ会議」を導入する方針を固めた。裁判のIT化の一環で、今年度内に東京、大阪、名古屋、福岡の4家裁で試行を開始し、その後、他地域への拡大も検討する。家事調停は毎年約13万~14万件に上るが、当事者が家裁に来る機会を減らすことで、新型コロナウイルスの感染防止につなげる狙いもある。

 家事調停は、離婚や相続などの紛争について、裁判官と調停委員が当事者と話し合い、合意で解決を図る手続き。合意内容をまとめた調書は確定判決と同じ効力を持つ。

 手続きは原則として、家裁の部屋で行われるが、離婚や養育費を取り決めるケースでは、子育てや仕事で多忙な一人親が当事者であるケースも多い。こうした当事者が家裁に出向くのは負担で、ドメスティックバイオレンス(DV)関連の事案では当事者同士が接触するリスクもあった。

残り:390文字/全文:878文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
2050331 0 社会 2021/05/14 05:00:00 2021/05/14 05:13:49 2021/05/14 05:13:49 最高裁判所。東京都千代田区で。2020年11月8日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210513-OYT1I50139-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)