読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

全住民に2回接種してもワクチン余る村、高校生にも接種開始「全国で不足する中…ありがたい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国の過疎の自治体で、新型コロナウイルスの高齢者向けワクチンを年齢制限を設けずに接種する動きが広がっている。政府は、全市町村にワクチンを最低1箱(975回分)配布したが、人口が少なく、全住民に2回接種しても余りが出るためだ。人口432人(今年4月時点)の自治体・和歌山県北山村では15日、高校生への接種が始まった。

 「全国でワクチンが不足する中、ありがたい」

 午前9時過ぎ、村内唯一の診療所で接種を受けた高校3年の男子生徒(18)はホッとした様子で話した。

ファイザー製のコロナワクチン
ファイザー製のコロナワクチン

 厚生労働省は4月上旬以降、65歳以上の高齢者向けのワクチンを人口規模に応じて各市町村に配分。特殊な容器で冷凍保存の必要があるため、1箱単位で配分し、1箱には975回分か1170回分が入っている。各市町村に975回分の1箱が必ず届くことになっており、北山村には今月2日、975回分が入った箱が届いていた。

 今年4月時点の村の人口432人のうち、接種対象の16歳以上は383人だ。このうち希望者は318人で、全員が2回接種しても339回分が余るという。

 厚労省は、過疎自治体などでワクチンが余った場合、高齢者以外への接種を容認している。そのため、北山村では年齢制限を設けず10日から1日約60人ずつ進め、全村民が6月5日までに2回目の接種を終える予定だ。余った分は県を通じて県内の他の市町村に回すという。

 すでに1回目の接種を終えた山口賢二村長(71)は「ひとまずは村民に安心してもらえる。接種終了後も予防対策を徹底していく」と話した。

 住民基本台帳によると、昨年1月時点で、1箱(975回分)で接種できる人数(487人)より人口が少ない自治体は北山村を含めて10村ある。

 北山村と同様に年齢制限を設けずに実施、または実施予定の自治体は新潟県の離島にある粟島浦村など6村。奈良県野迫川村は、高齢者を優先し、14日にほぼ完了。17日から65歳未満の接種に入るという。

 高知県大川村は、近くの本山町と共同で接種しているため、高齢者の接種を先に進め、65歳未満の接種開始時期は未定だ。長野県平谷村も未定という。

無断転載・複製を禁じます
2053817 0 社会 2021/05/15 12:18:00 2021/05/15 20:02:38 2021/05/15 20:02:38 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210515-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)