読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

置き忘れの6万円入り財布、県職員が5万円抜き取って交番に届け出…「後で渡そうと思っていた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神戸市内のスーパーで他人の財布を盗んだとして、兵庫県警垂水署は14日、県加古川土木事務所流域下水道課課長補佐の男(56)(神戸市垂水区)を窃盗容疑で逮捕した。

兵庫県警察本部
兵庫県警察本部

 発表では、男は13日午後8時50分頃、神戸市垂水区内のスーパーのセルフレジで、前の客がレジの横に置き忘れた6万円入りの財布を盗んだ疑い。

 男は財布から5万円を抜き取り、店舗近くの交番に拾得物として届けた。しかし、持ち主の男性(62)の110番を受けて署員が財布内の金額の違いを問いただし、男のズボンのポケットから5万円を見つけた。容疑を否認しているといい、「5万円は後で警察官に渡そうと思っていた」と話しているという。

無断転載・複製を禁じます
2053923 0 社会 2021/05/15 13:33:00 2021/05/15 20:10:54 2021/05/15 20:10:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210515-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)