読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「マジメに対策してきたやん」「なんで休業要請のままなん?」映画関係者が無言の抗議

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 関西の映画関係者らが14日夕、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言に伴う映画館への休業・時短営業要請の見直しを求めて、大阪市中央区の大阪府庁前で、無言の抗議を行った。

映画館への休業要請に対して抗議する映画関係者ら(14日夕、大阪市中央区で)=長沖真未撮影
映画館への休業要請に対して抗議する映画関係者ら(14日夕、大阪市中央区で)=長沖真未撮影

 宣言が延長された12日以降も、大阪府は1000平方メートル超の映画館に対する休業要請を継続。京都府と兵庫県では時短で営業が再開されたものの、土日は休業しているところもある。

 抗議活動は東京では行われていたが、関西では初めて。映画監督やミニシアターの関係者、ファンら約40人が集まり、感染防止のため声は出さずに、「映画ファンも映画館もマジメに対策してきたやん」「なんで『休業要請』のままなん?」などと書かれた紙を掲げて、抗議の意思を示した。

無断転載・複製を禁じます
2053861 0 社会 2021/05/15 12:44:00 2021/05/15 12:44:00 2021/05/15 12:44:00 緊急事態宣言による映画館の休業要請見直しを求めて、大阪府庁前でプラカードを手に無言の抗議活動をする映画関係者ら(14日午後6時52分、大阪市中央区で)=長沖真未撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210515-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)