読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

北海道の休業要請は地域ごとに強弱、一部で酒類提供も…3道県に宣言追加発令

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

緊急事態宣言発令の前日、札幌市の中心部では多くの人たちが行き交っていた(15日午後3時59分、札幌市中央区で)=松本拓也撮影
緊急事態宣言発令の前日、札幌市の中心部では多くの人たちが行き交っていた(15日午後3時59分、札幌市中央区で)=松本拓也撮影

 新型コロナウイルスの感染が急拡大している北海道、広島、岡山の3道県で16日、新型コロナ対策の緊急事態宣言が追加発令される。北海道と広島県は15日、対策本部会議を開き、宣言中に飲食店などに要請する措置の内容を決定した。

 北海道は、道内の地域の感染状況に応じて休業要請などの対策に強弱をつけることを決めた。

 感染が拡大している札幌市を含む石狩地方、小樽、旭川両市を「特定措置区域」と位置付け、酒類やカラオケを提供する飲食店などに休業要請を行う。床面積1000平方メートル超の大型商業施設やスポーツクラブなどに土日祝日は休業、平日は午後8時までの時短営業を要請する。イベントは上限5000人かつ収容率50%以下とし、営業時間は午後9時までとした。

 同区域以外の市町村では、飲食店などに対して営業時間を午後8時まで、酒類提供を午後7時までとするよう要請する。

 鈴木直道知事は対策本部会議で、「感染者数を着実に減少に転じさせるために、強い危機感をもって北海道が一つになって取り組む必要がある」と強調した。

 広島県は、県内全域で酒などを提供する飲食店への休業要請や大型商業施設への午後8時までの時短営業要請などの措置を決めた。県は各事業者に16日からの実施を求めるが、準備のための猶予期間を設け、遅くとも19日午前0時に休業などを始めれば、県からの協力金の対象とする。

 14日に要請内容を発表した岡山県も、大型商業施設などは18日午前0時まで、飲食店は17日午前0時までの猶予期間を設けた。

 宣言の対象は東京、大阪などを含め9都道府県となる。宣言期間は31日まで。

 一方、群馬、石川、熊本の3県には16日、宣言に準じる「まん延防止等重点措置」が追加適用(6月13日まで)される。重点措置の適用対象は計10県となる。

無断転載・複製を禁じます
2054816 0 社会 2021/05/15 23:13:00 2021/05/15 23:45:52 2021/05/15 23:45:52 緊急事態宣言開始を前に、札幌市中心部の横断歩道を歩く多くの人たち(15日午後3時59分、札幌市中央区で)=松本拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210515-OYT1I50115-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)