読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

道路の側溝にかぶせた金属製の蓋、盗難続々…脱輪の恐れも

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 静岡県中西部の掛川、菊川市などで、道路の側溝にかぶせた金属製の蓋が盗まれる被害が3月頃から相次いでいる。これまでに6市で200枚以上の被害が確認されている。

 各市によると、盗まれたのは「グレーチング」と呼ばれる格子状の蓋や「縞鋼板しまこうはん」という板状の蓋。

「グレーチング」と呼ばれる格子状の蓋が盗まれた側溝(菊川市小沢で、市提供)
「グレーチング」と呼ばれる格子状の蓋が盗まれた側溝(菊川市小沢で、市提供)

 被害は分かっているだけで、掛川市が60枚、菊川市が43枚、御前崎市が39枚、島田市が37枚、牧之原市が28枚、磐田市が7枚に上り、山あいや海岸近くなどの通行量の少ない場所に集中している。

 被害額は計300万円近くになり、各市とも県警に通報した。菊川市は脱輪など事故につながる恐れがあるとして、チラシを作って市民に注意を呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2055530 0 社会 2021/05/16 13:49:00 2021/05/16 17:46:28 2021/05/16 17:46:28 「グレーチング」と呼ばれる格子状のふたが盗まれた側溝(菊川市提供)(菊川市小沢で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210516-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)