読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大規模接種、初日から翌月の予約可能な設定ミス…大阪は26分で2・5万人枠埋まる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 防衛省は17日、東京都と大阪府で実施する自衛隊による新型コロナウイルスワクチンの大規模接種の予約を開始した。17~23日は、東京23区と大阪市に住む65歳以上の予約を受け付けており、対象は順次、拡大する。

24日からの接種に向け、準備が進められる新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場(17日午前、東京都千代田区で)=横山就平撮影
24日からの接種に向け、準備が進められる新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場(17日午前、東京都千代田区で)=横山就平撮影

 東京、大阪両会場ともに、予約は同省のホームページと無料通信アプリ「LINE」から専用サイトを通じて受け付けている。専用サイトに直接つながるQRコードも公開されている。

 同省によると、東京会場は午前11時から受け付けを始め、午後8時までに約5万人の予約枠のうち約4万1000人(82%)の予約が入った。2万5000人の予約枠を用意した大阪会場は、午後1時に受け付けを開始し、26分後に全ての枠が埋まった。

 予約のキャンセルや変更は可能で、17~23日の間にキャンセルが出れば、その都度、申し込むことができる。この期間に予約した人は、24~30日に接種を受けることになる。2回目の接種日時は、1回目の接種を受けたときに会場で指定される。

 同省は5月末までに段階的に接種人数を増やし、2会場合わせて最大で1日あたり約1万5000人の接種を目指す。東京、大阪の両会場では、予診や接種スペースの設営、施設のバリアフリー化などが急ピッチで進められている。

 17日は、東京会場の予約システムで設定ミスがあったことも判明。この日に申し込める接種期間は24~30日だが、6月12~18日も選択できるようになっており、722人が予約した。同省は、これらの人については、申し込み通りの日程で接種するという。

無断転載・複製を禁じます
2059268 0 社会 2021/05/18 00:25:00 2021/05/18 07:53:57 2021/05/18 07:53:57 報道陣に公開された自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センター(17日午前9時50分、東京都千代田区で)=横山就平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210518-OYT1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)