読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

空まで延びる坂道、アクセル全開?「壁」登りに挑戦すると…

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

天に昇るように見える江島大橋。下を大型船が通れるよう高く造られているため、急勾配に見える(松江市で)
天に昇るように見える江島大橋。下を大型船が通れるよう高く造られているため、急勾配に見える(松江市で)

 「どうだ、ベタ踏みだろ?」

 そんなセリフと、空まで延びるかのような坂道が車のCMで有名になった「ベタ踏み坂」。実際は坂ではなく、松江市と鳥取県境港市の県境にある江島えしま大橋のことだ。松江出身の記者も、CMで話題になった頃、一度家族で訪れたが、そのときハンドルを握ったのは父。今回初めて、自分で運転してベタ踏み坂を体感した。

文・松浦彩 写真・金沢修

「ベタ踏み坂」

 ベタ踏みとは、アクセルを目いっぱい踏み込むこと。急勾配の坂を上るときに必要になる。

横から見た江島大橋。アクセルを踏み込まなくても上れる
横から見た江島大橋。アクセルを踏み込まなくても上れる

 そんな坂で知られる江島大橋へは、松江駅前から車で約30分。レンタカーで江島の西にあり、「中海なかうみ」に浮かぶ大根島だいこんしまを通るルートで向かう。

 風が春めいてきた3月中旬に取材に臨んだ。

 大根島の外周を時計回りに走っている途中、中海を挟んで江島大橋をほぼ正面から見られる場所があった。

 車を降り、カメラのファインダーをのぞくと、遠くに急勾配の坂道が小さく見えた。坂というより壁みたいだ。

 再び車に乗り、江島に入る。交差点を折れると、いよいよ江島大橋だ。全長は約1・4キロ。数百メートルほどの直線道路の奥に、まっすぐ延びる上り坂が見えたが、先ほど対岸から眺めたような「壁」という感じはない。

 傾斜は少しきついが、アクセルを軽く踏む程度でどんどん進む。あっという間に橋の最上部へ。ベタ踏みする間もなく、境港側に入り、道は緩やかな下りに変わった。ベタ踏み坂は「チョイ踏み坂」だった。

奥行きの圧縮

 松江側に戻ると橋を見に訪れた人の姿がちらほらあった。友人と車で旅行に来た大阪府豊中市の会社員女性(55)もそのひとり。インターネット上でベタ踏み坂の写真を見て「半信半疑で訪れてみたものの拍子抜けした」と笑った。

 江島大橋が登場するCMが2013年末から流れるとその傾斜が話題になり、一時は近くに臨時駐車場ができるほど多くの人が押し寄せた。橋を管理する境港管理組合の担当者は「撮影場所の問い合わせは今もあり、みなさんの好奇心をくすぐっているようです」と話す。

 撮影のコツは、橋から離れ、望遠で撮ること。江島大橋の松江市側は、道がまっすぐで、対岸の大根島からでも撮影できるほど視界を遮るものがない。橋から離れた分だけ手前側の坂の奥行きが圧縮されて見える。勾配は100メートル進んで6メートルほど上る6・1%。数字自体は突出していないのに、最上部まで一気に上がる急な坂に見えるというわけだ。

 インターネットで検索してみると、東京や大阪などにも「ベタ踏み坂」と呼ばれる場所はある。だが、都会は高い構造物も多く、離れた場所からの撮影は難しそうだ。

最上部44メートル超

 圧巻の見た目のもう一つの要素は高さだ。松江港などに入港する大型船が下を通るため、最上部で44・7メートルもある。

 04年に橋ができるまでは、ここには中浦水門があった。水門は中海干拓と淡水化を目的に作られ、上は道路になっていた。一部は跳ね上げ式の橋で、船の通過中は橋が上がり、車の通行は中断される。さらに14トン以上の車は通れず、大型観光バスの客は降りて、橋を歩いて渡ることもあったという。大根島出身で、自転車で境港市内の高校に通っていた公務員の男性(54)は「橋が上がり、遅刻してしまうこともあった。本当に便利になった」と懐かしむ。

 二つの街を結び、行き来を格段に便利にした江島大橋は今や、山陰と全国をつなぐスポットになった。橋の上からの眺望も良いらしい。今度はベタ踏み坂を歩いて渡ってみよう。

江島(えしま) 大橋(松江市・鳥取県境港市)

 江島大橋まではいずれも車で、米子道・米子インターチェンジから約35分、松江市街地から約30分、JR境港駅から約10分、米子空港から約10分。「ベタ踏み坂」に見える撮影スポットについては、境港管理組合((電)0859・42・3705)へ。

由志園

由志園
由志園

 ボタン苗の生産量日本一を誇る大根島の日本庭園が由志園(ゆうしえん)。かつて苗の行商は島の女性の仕事で「島外に売りに行かずに、島に来てもらえる方法はないか」と考えた初代園主が1975年に開園した。植えられた250種・2万本のボタンは4~5月に見頃を迎える。園内の池にボタンを浮かべる「池泉牡丹(ちせんぼたん)」は今年は4月29日~5月5日に行われた。温度などを調整して開花させたボタンを一年中見られる「牡丹の館」も。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2062035 0 社会 2021/05/19 09:14:00 2021/05/19 11:27:11 2021/05/19 11:27:11 ベタ踏み坂(3月24日、松江市で)=金沢修撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210518-OYT1I50117-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)