読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

投稿者が裁判出ず書き込みを事実認定…木村花さん中傷で母親「ネットの暴力に苦しむ人たちの力になりたい」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 フジテレビの番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さん(当時22歳)がSNS上で中傷されて自殺した問題を巡り、母親の響子さん(44)が、中傷の投稿をした長野県の男性に約294万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁(池原桃子裁判長)は19日、男性に約129万円を支払うよう命じる判決を言い渡した。この問題で投稿者に賠償が命じられたのは初めて。

木村花さん
木村花さん

 響子さん側は訴訟で、花さんが昨年5月23日に亡くなった後、男性がツイッターに<あんたの死でみんな幸せになったよ、ありがとう><最後まで迷惑かけて何様?地獄に落ちなよ>などと書き込み、響子さんの心情を著しく傷つけたと主張。慰謝料を200万円とし、投稿者の特定に要した調査費用などを合わせて請求していた。

 男性は答弁書を提出せず、口頭弁論を欠席。争う姿勢を示していなかった。このため、判決は響子さん側の主張通りに事実を認定。ただ、「不法行為の内容や態様などの事情を考慮すれば、精神的苦痛に対する慰謝料は50万円が相当だ」などとして賠償額を減らした。

花さんの写真がプリントされたシャツを着て記者会見に臨んだ響子さん(19日、東京・霞が関で)
花さんの写真がプリントされたシャツを着て記者会見に臨んだ響子さん(19日、東京・霞が関で)

 判決後、響子さんは花さんの写真をプリントしたシャツを着て記者会見に臨み、「主張が認められたことは感謝しているが、被告がどんな考えで投稿したのかを裁判の場で知ることができなかったのは残念です」と語った。その上で「民事、刑事の両面から、中傷する投稿者の責任追及を続けることで、ネット上の暴力に苦しむ人たちの力になりたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2064150 0 社会 2021/05/19 20:48:00 2021/05/19 20:48:00 2021/05/19 20:48:00 女子プロレスラー・木村花さん。フジテレビの人気番組「テラスハウス」に出演中、SNS上で中傷を受けた後に自ら命を絶った。母・響子さん提供写真。2020年12月17日朝刊「木村さん自殺 母 今も無力感 「人の心、壊れないほど強くない」」掲載。遺族提供写真。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210519-OYT1I50106-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)