読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

メイド服の女性店員、カウンター越しに接待…「風俗営業」と判断・6人逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 警視庁は20日、無許可で接待サービスを提供したとして秋葉原地区のメイドカフェ5店を一斉摘発し、経営者ら男女6人を風営法違反(無許可営業)容疑で逮捕したと発表した。

秋葉原電気街
秋葉原電気街

 逮捕されたのは東京都武蔵野市境南町、メイドカフェ経営の男(47)と系列店の20~24歳の店長ら男女計6人。

 発表によると、男らは18日、東京都公安委員会の許可を受けず、千代田区外神田の「カフェラシェール」などいずれも秋葉原地区のメイドカフェ5店で女性店員に男性客の接待をさせた疑い。男は容疑を認めている。

 5店は午後5時から翌朝まで営業。メイド服姿の女性店員がカウンター越しに男性客を接待しており、警視庁はキャバクラ店などと同様の風俗営業に当たると判断した。ジュースを1本3000~7000円で提供していたという。

 秋葉原地区ではメイドカフェの悪質な客引きが問題化しており、苦情などの110番が昨年1年間で約1100件に上った。警視庁は4月以降、違法営業の取り締まりを強化し、ほかに4店の経営者ら男女6人を風営法違反容疑で逮捕していた。

        ◇

 千代田区の樋口高顕区長は、一斉摘発を受けて記者会見を開き、警視庁や地元団体と連携して、秋葉原地区で違法営業する店舗への対応を強化すると発表した。

 同地区ではこれまで、地元商店街や町会などでつくる秋葉原地域連携協議会(アキバ21)が自主的にパトロールをしたり、民間警備員を配置したりして、悪質な客引き行為の防止に取り組んできた。しかし、区によると、コロナ禍で空き店舗となった場所に、違法風俗店が入居するケースが増えているという。区は6月、警視庁や消防、メイドカフェの連絡協議会などとともに団体を設立し、対応を進める。樋口区長は記者会見で「秋葉原は非常に暮らしにくい街になっている。対策を強化して、活力あふれる秋葉原を目指す」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2067516 0 社会 2021/05/21 10:24:00 2021/05/21 10:44:23 2021/05/21 10:44:23 秋葉原電気街。2018年10月12日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210521-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)