読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

朱に染まる集落…「自然のエネルギー」感じるトレッキング

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山形県長井市の熊野山(670メートル)に登り、朝日に染まる散居集落を眺めるトレッキングツアー「熊野山夜明けトレック」が22日から始まるのを前に、山岳ガイドらによる下見が20日、行われた。

赤く染まる雲と水田(20日午前4時11分、長井市の熊野山で)=内田健司撮影
赤く染まる雲と水田(20日午前4時11分、長井市の熊野山で)=内田健司撮影

 地元の山岳ガイドで、自然学習を行う「葉っぱ塾」代表の八木文明さん(67)が2018年、夜明けに山腹から一望できる絶景に気付き、同市と周辺市町で作る「やまがたアルカディア観光局」で体験ツアーとして企画されている。

 この日は、同市平山の道照寺平スキー場ロッジ前を午前3時頃に出発。1時間ほど登った熊野神社前で日の出を待った。午前4時過ぎ、雲が濃いオレンジ色に輝き始め、朝日が田んぼの水鏡に反射すると、集落全体が朱色に染まった。

 参加した山形市漆山、ユーチューバーの女性(25)は「景色がどんどん変わった。自然のエネルギーはすごい」と感動していた。

 ツアーでは山頂に登った後、沿道の木々や花に関する解説を聞きながら下山し、午前7時頃にロッジに戻る。

 八木さんは「水が豊かですばらしい景色があることを多くの人に知ってほしい」と呼びかけている。

 6月上旬まで。料金は保険料込みで3300円(税込み)。問い合わせは、同観光局(0238・88・1831)へ。

無断転載・複製を禁じます
2068451 0 社会 2021/05/21 15:12:00 2021/05/21 15:12:00 2021/05/21 15:12:00 日の出前に赤く染まる雲と水田(20日午前4時11分、長井市の熊野山で)=内田健司撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210521-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)