読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ヴィッセル神戸本拠地に接種会場、1日5千人以上目標…三木谷氏「迅速に進めたい」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神戸市などは21日、サッカーJ1・ヴィッセル神戸の本拠地「ノエビアスタジアム神戸」(兵庫区)に、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場を設けると発表した。22日から予約を受け付け、31日から運営を始める。

ノエビアスタジアム神戸
ノエビアスタジアム神戸

 ヴィッセルを運営する楽天グループや神戸大などと協力し、同スタジアムのロッカールームなどを利用する。神戸市民が対象で、試合が開催される日を含めて原則、毎日開設。当面は接種券を交付された高齢者を対象に1日1000人に接種し、段階的に5000人以上に拡大する。神戸大の研修医ら約50人態勢で接種にあたり、ヴィッセルのスタッフも協力する。

 オンラインで記者会見した楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は「集団免疫を獲得するため、迅速に接種を進めたい」と語った。

 神戸市は25日から神戸ハーバーランドセンタービル(中央区)にも大規模接種会場を開設予定で、1日平均2000人に接種を始める。兵庫県も阪神地域と播磨地域に設置し、6月中旬から運用を始める。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2067940 0 社会 2021/05/21 12:16:00 2021/05/21 12:16:00 2021/05/21 12:16:00 ヴィッセル神戸の本拠地のノエビアスタジアム神戸(2日、神戸市兵庫区で)=里見研撮影2019年8月2日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210521-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)