神出鬼没の移動オービス、千葉で検挙6・6倍…生活道路に積極投入

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 千葉県警が持ち運び可能な「速度違反自動取締装置」(移動式オービス)を使い、県内全域で取り締まりを強化している。今年は新たに2台加えて計3台を運用し、4月末までに昨年1年間を上回る違反者を検挙した。スピードが出やすい生活道路に積極的に投入している。

住宅街の道路脇に設置された移動式オービス(千葉県船橋市で)
住宅街の道路脇に設置された移動式オービス(千葉県船橋市で)

 移動式オービスは、車両の速度違反をレーダーで感知すると、ナンバーやドライバーを自動的に撮影する装置。重さ約7キロで、三脚にセットし、住宅街の狭い道でも約1メートルの幅があれば設置できる。県内では、本格導入された2019年から20年末までは1台の運用だった。

 県警交通指導課によると、今年は3台で4月末までに計241回取り締まり、1440件の速度超過違反を検挙した。昨年同期(219件)の約6・6倍で、既に昨年1年間(1080件)を大きく上回っている。

 重点的に設置されているのが、交通死亡・重傷事故の約6割が発生している市町村道だ。住宅街などの生活道路が多く、小中学校の通学路なども含まれ、子供の登下校時に合わせた取り締まりも行っている。同月末までの検挙状況では、千葉市や市原市などでのスピード違反が目立つという。

 県警が近年の死亡事故を分析したところ、約3割で過失が最も重い「第一当事者」のドライバーによる速度超過が確認された。自宅近くの生活道路は頻繁に利用するため、慣れからスピードを出すドライバーが多い。重大事故につながる恐れがあるとして、県警は集中的に取り締まることにした。

 同課の担当者は「移動式オービスはまさに神出鬼没。これまで取り締まりの実績がない場所にも設置し、事故の芽を摘んでいく」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2072306 0 社会 2021/05/23 14:21:00 2021/05/23 17:58:05 2021/05/23 17:58:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210523-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)