読売新聞オンライン

メニュー

東京・大阪の大規模接種開始、6時半過ぎから高齢者ら続々と来場「一日も早く接種したかった」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自衛隊による新型コロナウイルスワクチンの大規模接種が24日午前、東京と大阪の会場で始まった。対象は、東京23区と大阪市に住む65歳以上で、この日は2会場合わせて7500人に接種する予定。防衛省は段階的に接種人数を増やし、31日からは1日あたり1万5000人の接種を目指す。

2会場で7500人

自衛隊による新型コロナウイルスワクチン接種を受けるため、受付に並ぶ高齢者ら(24日午前7時29分、東京都千代田区で)=須藤菜々子撮影
自衛隊による新型コロナウイルスワクチン接種を受けるため、受付に並ぶ高齢者ら(24日午前7時29分、東京都千代田区で)=須藤菜々子撮影

 東京会場となった東京都千代田区の大手町合同庁舎3号館では、午前6時半頃から接種を受ける人が集まった。午前7時30分に開場すると、高齢者が次々と中に入っていった。東京都品川区の派遣社員男性(74)は「とにかく一日も早く接種したいと思っていた。安心です」と笑顔を見せた。

 大阪会場の大阪府立国際会議場(大阪市北区)でも、午前7時半の開場前に約60人が列を作った。

 政府は7月末までに高齢者への接種を終えたい考えで、自衛隊による活動で接種を加速させる。両会場は24日から3か月間運営される予定で、自衛隊の医官80人、看護官200人のほか、一般の自衛隊員約160人が支援業務にあたる。民間看護師約200人も活動する。24~30日は東京会場で4万9000人、大阪で2万4500人に接種し、31日以降は東京会場で1日1万人、大阪は5000人の接種を目指す。

 使用するのは米モデルナ製のワクチンで、自衛隊会場で接種した人は2回目も同じ会場で接種を受ける。

新規予約も始まる

 自衛隊の大規模接種は、居住地域ごとに対象を拡大する仕組み。24~30日は、東京都と大阪府全域を対象に、5月31~6月6日接種分の予約を受け付ける。東京会場の受け付け開始は午前11時頃、大阪会場は午後1時頃で、防衛省のホームページや無料通信アプリ「LINE」から専用サイトを通じて申し込む。専用サイトに直接つながるQRコードも公開されている。

 5月31~6月6日には、4都県(東京、埼玉、千葉、神奈川)と3府県(大阪、京都、兵庫)を対象に6月7~13日接種分の予約が始まる。

宮城・愛知・群馬も独自会場を開設

 高齢者のワクチン接種については、宮城、愛知の両県も24日午前、独自の会場を開設し、午後には群馬県も設置する。

 21日までの読売新聞の取材に対し、47都道府県のうち3割強(16府県)が独自の会場について、「設置計画がある」「設置する方針」と回答し、22都道県が「検討中」とした。政令市や県庁所在地にも設置の動きがあり、川崎市など少なくとも9市が検討している。

 このほか、東京都が、警視庁と東京消防庁の職員を対象にした会場を築地市場跡地(中央区)に開設する。

無断転載・複製を禁じます
2073489 0 社会 2021/05/24 08:23:00 2021/05/24 14:41:59 2021/05/24 14:41:59 新型コロナウイルスのワクチン接種を受けるため、「自衛隊東京大規模接種センター」前で受け付けの順番待ちをする人々(24日午前7時29分、東京都千代田区で)=須藤菜々子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210524-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)