読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

かまれると激痛や発汗・発熱、役場の外壁に特定外来生物…職員が雌と卵のう駆除

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宮崎県は21日、かまれると激痛や発汗、発熱などが出る恐れがある特定外来生物のハイイロゴケグモが高鍋町役場の庁舎外壁で見つかったと発表した。県内では宮崎、日向、日南各市で確認されており、高鍋町では初めて。

宮崎県庁
宮崎県庁

 県によると、18日に町職員が雌1匹と複数の卵のうを見つけ、駆除した。ハイイロゴケグモは全体的に茶褐色をしており、体長は雄が0・4~0・5センチ、雌が0・7~1センチ。背中に3対の黒い斑点があり、腹部に砂時計状の赤い模様がある。県は手で触れないよう呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2077769 0 社会 2021/05/25 19:07:00 2021/05/26 09:44:23 2021/05/26 09:44:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210525-OYT1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)