読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「ネット予約は無理」ため息・諦めて7月に診療所で接種…戸惑う高齢者

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスワクチンの接種先の選択肢は増えたが、まだ1日あたりの接種回数は限られ、予約が難しい状況が続いている。特に自衛隊による大規模接種は予約が専用サイトのみで、高齢者から戸惑いの声も少なくない。

 24日午前、大阪市内の自衛隊の接種会場を訪れた大阪府豊能町の男性(81)は「インターネットでの予約は80歳を超えた年寄りには無理」と嘆息した。

 豊能町の高齢者は24日午後から自衛隊の接種会場の予約が可能となった。この日現地に行けば予約できると勘違いして会場を訪れたが無駄足に終わった。会場スタッフにやり方を尋ねても、「今日は忙しいから無理。すいません」と断られたという。

大規模接種会場で接種済証の交付を受ける高齢者ら(24日午前8時40分、大阪市北区で)=代表撮影
大規模接種会場で接種済証の交付を受ける高齢者ら(24日午前8時40分、大阪市北区で)=代表撮影

 同府茨木市の男性(74)はパソコンでの予約などの経験がなく、自衛隊の接種会場の利用は諦めた。同市では来月からかかりつけ医で予約が可能になるため「高血圧の持病もあり早く受けたいが、それに望みをつないでいる」と話した。

 同府岸和田市の無職男性(79)は、自宅に携帯電話やパソコンがなく、代わりにネット予約を頼める人も近くにいない。市の実施する接種の予約もコールセンターの回線が混雑しうまくいかず、結局、最寄りの医療機関で健康診断を受けて、担当した医師に相談。7月初旬にこの医療機関で接種してもらうことになった。男性は「同じ境遇の人は他にもいるはず。国や自治体には何か手立てを考えてほしい」と訴える。

 大阪市でも個別接種と集団接種は電話で申し込めるが、6月から稼働する大規模展示場「インテックス大阪」(大阪市住之江区)の予約はホームページのみで受け付ける。市は「コールセンター業務を増やさないためオンラインのみにした。難しい場合は各診療所などに接種を申し込んでほしい」と呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2076126 0 社会 2021/05/25 07:08:00 2021/05/25 07:08:00 2021/05/25 07:08:00 大規模接種会場で接種済み証の交付を受ける人たち(24日午前8時40分、大阪市北区で)=代表撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210525-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)