読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

療養中の女性自殺「職場に感染広げたのでは…」思い悩む言動、メモも発見

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡市内で今月下旬、新型コロナウイルスに感染し、自宅療養中だった30歳代女性が自殺していたことが、複数の関係者への取材でわかった。自宅からは周辺に感染を広げたことを思い悩む内容のメモが見つかったという。

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 関係者らによると、今月21日、自宅療養中の女性と連絡が取れなくなった親族が119番。現場に駆け付けた救急隊や警察官が女性を発見し、その場で死亡が確認された。県警は現場の状況から自殺とみている。

 女性は、自身の感染が判明した後に、職場の関係者らの感染が判明したことにショックを受けた様子だったといい、周囲に「自分が感染を広げてしまったのではないか」と悩む言動があったという。

周囲はサポートを

 新型コロナウイルスに関する差別や偏見に悩む人に向けたホットラインを開設するNPO法人「ワールド・オープン・ハート」(仙台市)によると、感染を広げたことを周囲に責められたり、職場や学校に復帰後も避けられたりして悩む声が寄せられているという。

 阿部恭子代表は「誰しも感染する可能性はあるが、真面目な人ほど罪責感を背負い、『自分はいない方がいい』という思考に陥ってしまうことがある。周囲の人は、そうした気持ちを受け入れた上でサポートしてあげてほしい」と話す。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2078802 0 社会 2021/05/26 08:08:00 2021/05/26 18:01:01 2021/05/26 18:01:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210526-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)