読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

全国の重症者、119人増え過去最多1413人…大阪・京都の集計基準変更で大幅増

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は26日、新型コロナウイルスに感染している重症者が、前日と比べて119人増え、過去最多の1413人になったと発表した。「重症者」の集計方法を巡り、独自基準を採用していた大阪府と京都府が国の基準に合わせた人数も公表するようになり、2府の重症者数(国基準)が大幅に増えたためだ。従来の集計方法でも前日から7人増え、病床逼迫ひっぱくが続いている。

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 重症者数は、医療の状況を分析する指標として、厚生労働省が自治体公表データを確認し、その翌日に全国集計を発表している。

 国の基準では、人工呼吸器や体外式膜型人工肺(ECMO=エクモ)を装着した感染者に加え、集中治療室(ICU)や、それに次ぐ機能を持つ高度治療室(HCU)に入る全ての患者を重症者として計上するよう求めている。

 これに対し、一部の自治体は、「ICUに入っている人の中には重症とはいえない人もいる」として、ICU入院者らのうち中等症患者らを除いた独自基準で重症者を計上している。

 このうち、大阪府と京都府は今年1月から、独自基準だけでなく国基準でも毎日、重症者を公表するようになった。たとえば、今月25日の重症者数は、大阪府基準では304人だが、国基準なら401人となり、京都府も19人(独自基準)が34人(国基準)に増える。厚労省が2府について国基準の重症者数を採用することにしたため、今回、全国の重症者数が大幅に増えた形となった。

 一方、東京都は独自基準で毎日発表し、国基準の発表は週2回にとどまる。直近の国基準は506人(24日)で、都独自基準の71人(25日)を大きく上回るが、厚労省が毎日発表する重症者数には、都独自基準の人数が計上されている。

無断転載・複製を禁じます
2079302 0 社会 2021/05/26 12:20:00 2021/05/26 22:57:54 2021/05/26 22:57:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210526-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)