【独自】中部国際空港、埋め立て承認…発着能力1・2倍に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県が中部国際空港(愛知県常滑市)の新滑走路建設候補地を含む海域の埋め立てを承認したことが26日、分かった。国土交通省が今年2月、埋め立てを申請していた。承認は25日付で、近く発表する。東海3県などは新滑走路の2027年の供用開始を目指しており、計画実現に向けて大きく前進する。

2本目の滑走路が計画されている中部国際空港
2本目の滑走路が計画されている中部国際空港

 愛知県などの計画によると、新滑走路は現滑走路の西側に設ける。航空機の発着能力を現在の年間15万回から1・2倍の18万回に増やすもので、完全な24時間運用が可能になる。

 埋め立ては、国内最大級の自動車の輸出基地となっている名古屋港の浚渫しゅんせつ土砂を搬入してきた人工島がほぼ満杯となったことから、新たな搬入先として行う。国交省は埋め立ての承認を受け、近く空港周辺の調査を開始する。年度内に護岸工事に着手する見通しだ。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2079475 0 社会 2021/05/26 14:00:00 2021/05/26 16:13:50 2021/05/26 16:13:50 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210526-OYT1I50068-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)