読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

3人死亡の漁船、カニかご仕掛ける漁の最中にロシア船と衝突…現場には霧

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 26日午前6時頃、北海道紋別市の紋別港の沖合約23キロのオホーツク海上で、紋別漁業協同組合所属の毛ガニ漁船「第8北幸ほっこう丸」(9・7トン)と、ロシア船籍の運搬船「AMUR」(アムール、662トン)が衝突した。第8北幸丸は転覆し、乗っていた5人全員が海に投げ出され、3人が死亡した。紋別漁協によると、事故当時、第8北幸丸はカニかごを仕掛ける漁の最中で、現場には霧がかかっていたという。

ロシア船と衝突し、転覆した「第8北幸丸」(26日午後1時30分、北海道紋別市沖合で、読売機から)=川口正峰撮影
ロシア船と衝突し、転覆した「第8北幸丸」(26日午後1時30分、北海道紋別市沖合で、読売機から)=川口正峰撮影

 紋別海上保安部の発表によると、死亡したのは、機関長の沼端賢良まさよしさん(64)、いずれも甲板員の井上征俊さん(37)と今野俊介さん(39)。甲板員の佐藤圭吾さん(36)は軽傷で、船長の吉岡照由さん(63)にけがはなかった。紋別漁協によると、5人は全員が紋別市在住。

紋別港に停泊するロシア船「AMUR(アムール)」(26日午後3時11分、北海道紋別市で)=原中直樹撮影
紋別港に停泊するロシア船「AMUR(アムール)」(26日午後3時11分、北海道紋別市で)=原中直樹撮影

 紋別海保は、第8北幸丸の右舷と船底の損傷が大きいことから、ロシア船が第8北幸丸の右舷に衝突したとみて、衝突が起きた状況や事故原因を調べている。

 紋別漁協によると、第8北幸丸は他の毛ガニ漁船と計6隻で船団を組み、26日午前4時頃に紋別港を出港した。事故は、カニかごを仕掛けていた漁場で起きた。ロシア船は、ズワイガニを荷揚げするため紋別港に向かっていたという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2080688 0 社会 2021/05/26 21:43:00 2021/05/26 21:43:00 2021/05/26 21:43:00 ロシア船と衝突、転覆した第八北幸丸(26日午後1時30分、北海道紋別市の紋別港の沖合で、本社機から)=川口正峰撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210526-OYT1I50126-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)