ワクチン全世代接種、早い自治体では7月上旬から…墨田区は来月1日に16歳以上の接種券発送へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省は全国の自治体に、来月中旬には64歳以下に接種券を発送するよう求めた。早い自治体では7月上旬から、59歳以下の一般住民への接種が始まる。

皇后さま、ナイチンゲール記章授与式に出席…日本の受章者は2人

 ワクチンは原則、医療従事者、65歳以上の高齢者に続き、基礎疾患がある人と高齢者施設の従事者、60~64歳に優先的に打つ。59歳以下の人はその後、接種することになっている。

 ただ、厚労省は25日の自治体向け説明会で、高齢者への優先接種が完了しなくても、予約の空き状況などに応じ、それ以外の人に順次、接種を進めることを認めた。

墨田区役所でワクチン接種を受ける医療従事者たち(4月17日撮影)
墨田区役所でワクチン接種を受ける医療従事者たち(4月17日撮影)

 東京都墨田区では、24日時点で高齢者の約3割が1回目の接種を終えた。予約状況から今後も順調に進むとみられるため、区は来月1日、16~64歳の約17万5000人に接種券を一斉発送する。

 来月21日から基礎疾患を持つ人と訪問介護施設の従事者らに行われ、同28日からは60~64歳、7月6日から40~59歳、同20日からは16~39歳が対象となる。

 ほかにも59歳以下の住民への接種券発送手続きを進める自治体が多くあり、7月以降、一般住民への接種が本格化しそうだ。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2082948 0 社会 2021/05/27 21:49:00 2021/05/28 08:42:28 2021/05/28 08:42:28 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210527-OYT1I50120-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)