読売新聞オンライン

メニュー

潮の流れでルート変わる国内唯一の海域、航路変更の際に衝突か…貨物船沈没

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「白虎」と衝突して損傷した「ウルサン パイオニア」の船首(28日午前8時16分、愛媛県今治市沖で、読売ヘリから)=宇那木健一撮影
「白虎」と衝突して損傷した「ウルサン パイオニア」の船首(28日午前8時16分、愛媛県今治市沖で、読売ヘリから)=宇那木健一撮影

 27日午後11時55分頃、愛媛県今治市沖の瀬戸内海にある来島くるしま海峡付近で、北星海運(東京都)などが所有する貨物船「白虎」(1万1454トン)とマーシャル諸島船籍のタンカー「ULSAN PIONEER(ウルサン パイオニア)」(2696トン)が衝突した。白虎は転覆して約2時間50分後に沈没。乗組員12人のうち9人は救助されたが、3人が行方不明になっており、今治海上保安部などが捜索している。

「白虎」と衝突した「ウルサン パイオニア」(中央)と付近を捜索する船(28日午前、愛媛県今治市沖で、本社ヘリから)=宇那木健一撮影
「白虎」と衝突した「ウルサン パイオニア」(中央)と付近を捜索する船(28日午前、愛媛県今治市沖で、本社ヘリから)=宇那木健一撮影

 同保安部によると、行方が分からないのは白虎船長の佐藤保さん(66)(山形県鶴岡市)、1等機関士の小川有樹さん(27)(北海道北斗市)、2等機関士の上畠隆寛さん(22)(鹿児島県枕崎市)。救助された9人は男性(19~60歳)で2人が鎖骨骨折などのけが、7人にけがはなかった。

「白虎」と衝突した「ウルサン パイオニア」(中央)と付近を捜索する船(28日午前、愛媛県今治市沖で、本社ヘリから)=宇那木健一撮影
「白虎」と衝突した「ウルサン パイオニア」(中央)と付近を捜索する船(28日午前、愛媛県今治市沖で、本社ヘリから)=宇那木健一撮影

 現場は潮の流れに応じて航行ルートが変わる国内唯一の海域で海難事故が起こりやすいとされ、同保安部は航路変更の際に衝突した可能性もあるとみて、業務上過失往来危険などの疑いで調べている。

無断転載・複製を禁じます
2085511 0 社会 2021/05/28 23:00:00 2021/05/28 23:00:00 2021/05/28 23:00:00 貨物船と衝突した外国船の船首(愛媛県今治市沖で、本社ヘリから)=宇那木健一撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210528-OYT1I50144-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)