読売新聞オンライン

メニュー

療養ホテルを無断外出の男性、自宅前でインターホン越しに家族から説得され引き返す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高知県は29日、新型コロナウイルスに感染して宿泊療養施設となっている高知市内のホテルに入っていた男性が、無断で一時外出していたと発表した。

高知県庁
高知県庁

 県によると、男性は27日午後8時頃にホテルを出て徒歩で自宅玄関前まで戻ったが、インターホン越しに家族からホテルに帰るように説得され、約1時間後に戻った。男性は軽症で外出中はマスクをしており、接触者はいなかった。

 同ホテルで療養中は、県が内線電話での健康状態確認などで、在室を確認している。無断外出で損害が生じた場合、賠償請求もあり得るという。再発防止のため、県は警備員による確認を強化する。

無断転載・複製を禁じます
2087885 0 社会 2021/05/30 12:41:00 2021/05/30 22:17:21 2021/05/30 22:17:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210530-OYT1I50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)