40年前にタイムカプセル埋めたあなたへ、連絡待ってます…アルバムや素焼きの手形版

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 40年前に公園に埋められたタイムカプセルを掘り起こして、思い出の品を返そうと、東京都多摩市が埋設に関わった当時の子どもたちや関係者を捜している。

 タイムカプセルは1981年11月3日、市制施行10周年記念事業の一環で、永山北公園内に2個埋められた。直径約60センチのアクリル樹脂製。一つには、豊ヶ丘、愛宕、連光寺など市内6児童館で作られた思い出の品、もう一つには市報や総合計画などの行政資料が収められた。

 市に残っていた記録によると、思い出の品は、アルバムやキャンプの感想文集、素焼きの手形版、けん玉、木の実のブローチなどで、延べ78人の子どもたちが作成した。現在は41~52歳程度とみられるという。

 市は、今年11月に市制施行50周年を迎えることから、当時のタイムカプセルを掘り起こし、同じ場所に新たなタイムカプセルを埋めることにした。児童館は現在10館あり、今回はそれぞれの児童館ごとにタイムカプセルを用意し、30年後に掘り起こす予定。

 市は40年前と同じ11月3日に記念イベントを開催。当時の関係者と確認できた人を招待し、新旧のタイムカプセルを入れ替える。今月20日の市報にも旧タイムカプセルに関わった記憶のある人を捜しているとの記事を掲載し、27日までに1人から連絡があったという。

 問い合わせや連絡は、市企画課(042・338・6813)へ。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2088601 0 社会 2021/05/30 22:59:00 2021/05/30 22:59:00 2021/05/30 22:59:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)