読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

高1女子「何が起きたの…動かせないんですけど」、警官が啓発活動で自転車にカギ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 無施錠で駐輪している自転車に、警察官が錠をかけてまわる――。自転車の盗難被害が増えるこの時期、山形県警が駅の駐輪場などで取り組んでいる被害防止の啓発活動だ。された側は驚くが、県警生活安全企画課の担当者は「無施錠は盗む側には格好の標的。これを機に、自転車に鍵をかける癖をつけてほしい」と呼びかけている。(中田隆徳)

自転車にワイヤ錠を取り付ける上山署員(14日、上山市矢来のJRかみのやま温泉駅駐輪場で)
自転車にワイヤ錠を取り付ける上山署員(14日、上山市矢来のJRかみのやま温泉駅駐輪場で)

 「鍵がかけられていて、動かせないんですけど……」

 14日午前7時半頃、上山市矢来のJRかみのやま温泉駅駐輪場。駅から高校まで、自転車で通学しようとした1年生の女子生徒(15)は、困った表情で近くに待機していた上山署員に訴えた。

 鍵をかけ忘れていた自転車には、後輪にキー式のワイヤ錠がかけられ、上山署や駅の交番に連絡するよう書かれた札が付けられていた。上山署員は施錠の大切さを話し、すぐに解錠した。

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2088901 0 社会 2021/05/31 07:24:00 2021/05/31 21:59:42 2021/05/31 21:59:42 無施錠の自転車にワイヤ錠を取り付ける上山署員(14日午前7時23分、上山市矢来のJRかみのやま温泉駅駐輪場で)=中田隆徳撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210531-OYT1I50005-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)