読売新聞オンライン

メニュー

ホテル従業員の女性に刃物突きつけ「金出せ」、13万円奪う…23歳男「金に困っていた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 香川県丸亀市土器町東のホテルに男が押し入り、現金を奪って逃走した事件で、丸亀署は30日未明、同市土居町、無職の男(23)を強盗容疑で緊急逮捕した。「金に困っていた」と容疑を認めているという。

香川県警
香川県警

 発表では、男は29日午後5時20分頃、「HOTEL CIMA 5」で従業員の女性(74)に刃物のようなものを突きつけ、「金出せ。殺すぞ」などと脅し、約13万円を奪った疑い。

 女性の証言や防犯カメラの映像などから、男を特定。任意同行に応じた男は、捜査員に囲まれ、静かに捜査車両に乗り込んでいた。

 女性によると、男は白い帽子にマスク姿で、客を装って事務所前で入室方法などを質問。女性が事務所内に戻るのに続いて侵入し、胸の辺りに刃物を突きつけ「お金ないのか」と迫った。女性が「ない」と答えると、さらに首にナイフを突きつけ「殺すぞ」と数回脅した。身の危険を感じた女性がレジを開けると、札だけをわしづかみにして走り去ったという。女性は「殺されると思った。恐ろしかった」と振り返った。

無断転載・複製を禁じます
2088894 0 社会 2021/05/31 07:15:00 2021/05/31 07:15:00 2021/05/31 07:15:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210531-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)