読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ニコ動の動画に削除命令…市は「投稿続くなら投稿者特定も必要」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 兵庫県丹波篠山市内の同和地区を撮影した動画がインターネットサイト「ニコニコ動画」で公開され、神戸地裁柏原かいばら支部がサイト運営会社「ドワンゴ」に対して動画の削除を命じる仮処分決定を出していたことがわかった。2月9日付。市が5月31日に発表した。部落解放同盟によると、部落差別に関する動画の削除を命じる仮処分は全国初という。

 市によると、動画は約20分で、地区内の住宅や公園などを映し、「差別地区を歩く」という趣旨の字幕を入れるなどしていた。市と地区の当時の自治会長は昨年12月、「地区住民の名誉やプライバシーの侵害に当たる」などとして、ドワンゴを相手取り、削除を求める仮処分を申し立てた。

 ドワンゴは同支部の決定を受け、動画を削除した。

 31日に記者会見した市によると、同じ内容の動画は「ユーチューブ」「ライブドアブログ」でも確認されたが、いずれの運営会社も市などの仮処分申し立てを受けて今年1月までに削除したという。動画の投稿者は特定できておらず、市側は「他のサイトへの投稿が続くようなら、投稿者の特定も必要だ」としている。

 酒井隆明市長は「表現の自由があるとはいえ、動画を扱う会社は内容をきちんと確認することが必要ではないか」と指摘。ドワンゴは読売新聞の取材に対し、「現在、事実確認中です」とコメントしている。

無断転載・複製を禁じます
2091371 0 社会 2021/06/01 05:00:00 2021/06/01 10:03:12 2021/06/01 10:03:12

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)