読売新聞オンライン

メニュー

個室入院中に女性看護師の体触る、濃厚接触者の男に有罪判決

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 入院先の病院で看護師の体を触ったとして、強制わいせつ罪に問われた千葉県勝浦市、無職の男(56)に対し、千葉地裁は2日、懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役2年)の判決を言い渡した。

千葉地裁
千葉地裁

 判決によると、男は1月8日、同県鴨川市内の病院で20歳代の女性看護師の胸を触るなどのわいせつな行為をした。男は、交通事故で病院に搬送され、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者だったことから個室に入院していた。片岡理知裁判官は「被害者は感染防止のため、周囲に助けを求めづらい状況だった」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
2098875 0 社会 2021/06/03 17:56:00 2021/06/03 22:49:06 2021/06/03 22:49:06 千葉地方裁判所。千葉市中央区で。2020年11月18日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210603-OYT1I50091-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)