読売新聞オンライン

メニュー

入学式の日、校長自宅にペンキで「命令」と落書き…小学校職員が勤務態度で指導受け恨み

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 松山市内の住宅にペンキで落書きをしたとして、建造物損壊罪に問われた松山市、市立小学校職員の男の被告(42)の初公判が3日、地裁(高杉昌希裁判官)であった。被告は起訴事実を認めた。

 起訴状などによると、被告は4月8日午前4時頃、住宅外壁に「命令」などと落書きをしたとされる。検察側は冒頭陳述で、勤務態度で指導を受けたことで校長に恨みを募らせ、校長の自宅に落書きを繰り返していたことを明らかにした。その上で、「校長に恥をかかせようと、入学式当日に合わせ、校長宅近くの家で犯行に及んだ」と指摘した。

無断転載・複製を禁じます
2101919 0 社会 2021/06/04 17:41:00 2021/06/04 17:41:00 2021/06/04 17:41:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)