読売新聞オンライン

メニュー

「看護師がどなられながら調整」、遅れる医療従事者接種…実施クリニックに対応でクレーム多発

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く福岡県で、医療従事者へのワクチン接種が遅れている。企業でも接種が可能となるなど全国的に動きが加速する中、2回の接種を終えたのは5月28日時点で対象者の52・6%。九州・山口・沖縄で接種率は最も低く、全国平均の60・9%を約8ポイント下回る。県の委託業者による日程調整が遅れの要因となっていたため、医療機関が直接調整する方式に切り替えたが、現場の負担は増え、通常診療に支障も出ている。

3月から福岡県内で始まった新型コロナウイルスワクチンの医療従事者向け接種(3月5日、福岡市民病院で)
3月から福岡県内で始まった新型コロナウイルスワクチンの医療従事者向け接種(3月5日、福岡市民病院で)

 福岡市内のあるクリニックは5月中旬、周辺で働く医療従事者240人分の接種を同月中に終えるよう市医師会から急きょ依頼され、日時の調整まで任された。

 「(接種対象者から)この時間はだめとか、対応が遅いとかクレームが多く、看護師がどなられながら調整にあたっている」と男性院長(58)は明かす。高齢者への接種も重なり、通常診療の時間を短縮せざるを得なくなった。「もう少し早く分かっていれば、余裕を持って対応できたのだが」と不満を口にした。

 医療従事者用のワクチン接種は、医師や看護師、保健師、救急隊員らが対象。県内分のワクチンは2月上旬以降、国から段階的に届けられた。超低温冷凍庫のある医療機関56か所で保管し、接種を行う医療機関618か所に配分される。

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
2101943 0 社会 2021/06/04 17:56:00 2021/06/04 18:34:32 2021/06/04 18:34:32 新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける医療従事者(福岡市民病院で)=陶山格之撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210604-OYT1I50104-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)