読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

出生数が5年連続で過去最少、合計特殊出生率1・34に…人口自然減は過去最大

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は4日、2020年の人口動態統計(概数)を発表した。生まれた子どもの数(出生数)は84万832人で、5年連続で過去最少を更新した。1人の女性が生涯に産む子どもの推計人数を示す「合計特殊出生率」も1・34で5年連続で低下した。死亡数から出生数を引いた人口の自然減は、53万1816人となり、過去最大となった。 出生数を5歳ごとの母親の年齢別で見ると、45歳以上でわずかに増加したものの、44歳以下のすべての年代で前年より減少した。全体の死亡数は11年ぶりに減り137万2648人だったが、出生数の減少が大きかったことが人口減に拍車をかけた。自然減が50万人を超えるのは2年連続だ。

厚労省
厚労省

 「新型コロナウイルス感染症」を原因とした死亡数は3466人だった。一方で、「肺炎」を原因とした死亡数は前年より1万7073人減少した。厚労省はコロナの感染拡大で、マスクの装着や手洗い・うがいが励行されたことが影響した可能性があるとみている。

 婚姻件数は、戦後最少で52万5490組。前年は元号が変わったタイミングで結婚する「令和婚」が多かったことから7年ぶりに増加していたが、20年は再び減少に転じた。

無断転載・複製を禁じます
2102083 0 社会 2021/06/04 19:33:00 2021/06/04 19:33:00 2021/06/04 19:33:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210604-OYT1I50109-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)