変異ウイルス感染防止、専門家おすすめは「不織布マスク」…70~80%の効果

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 変異ウイルスの感染防止対策として専門家が推奨するのが不織布マスクだ。

[深層NEWS]第7波「地域差があり、まだ警戒必要」…山際再生相が舛添氏と議論

 理化学研究所や神戸大などのチームがスーパーコンピューター「富岳」で分析した結果、飛沫を防ぐ効果は医療用のN95マスクを100%とした場合、ウレタン製は30%程度にとどまった一方、不織布は70~80%の効果が確認された。

ブラザー工業が生産した不織布マスク(同社提供)
ブラザー工業が生産した不織布マスク(同社提供)

 ただ、マスクだけでは感染を防ぐことはできない。米疾病対策センター(CDC)は「マスクは距離の確保の代替にはならない」とし、距離をとった上でマスクをつけるべきだと指摘している。

 東京医科大学病院渡航者医療センターの浜田篤郎特任教授は「不織布のマスクを着け、人との接触の機会を減らし、換気を徹底する基本的な対策を丁寧に行うことが大切だ。屋外の飲食でもクラスターが起きており、3密がそろわなくても一つの密で感染の恐れがあることを強く意識すべきだ」と指摘する。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2102249 0 社会 2021/06/04 21:07:00 2021/06/05 22:05:34 2021/06/05 22:05:34 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210604-OYT1I50125-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)