読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

速度違反取り締まり、メーターは最大3・2キロ速く表示…19人が反則金多く納付

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

秋田県警察本部
秋田県警察本部

 秋田県警は4日、高速隊十和田分駐隊のパトカー2台が2018年4月から20年4月にかけ、速度メーターの設定がずれたまま速度違反の取り締まりを行い、19人に反則金を多く納付させていたと発表した。メーターは実際より最大3・2キロ速く表示していたという。

 発表によると、毎月の検査で整備業者にメーターの調整を依頼していなかったことが原因で、検査結果の確認や県警本部への報告も怠っていた。

 1人が35キロ以上40キロ未満、18人が30キロ以上35キロ未満の速度超過があったとしてそれぞれ摘発され、本来より7000~1万円多く反則金を納付していた。県警は19人に謝罪し、7月中に差額分の約14万円を返還する。違反点数は変わらなかったという。

 県警交通指導課によると、人事異動で着任した隊員が書類を確認していて気付いたという。同課の鈴木幸司課長は「マニュアルを整備するなど組織のチェック体制を強化する」とした。

無断転載・複製を禁じます
2102928 0 社会 2021/06/05 07:37:00 2021/06/05 11:51:37 2021/06/05 11:51:37 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210604-OYT1I50134-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)